| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私の使命ってなんですか?

やりたいことが見つからない。
自分の使命って何ですか。

これ、よくある相談でして。
難しいような、簡単なような。
単純に好きなことをやり続ければいい。とも言えるから。
ただ『好きなことがない』って場合は、
ちょっと難しくなっちゃうね。

率直に言えば、
目の前にあることが今のあなたの使命としか言えない。
最初から明確にやりたいことや、
好きなことがある人の方が少ないのだと思う。

仕事のイロハも分からないうちは、
学ぶべきことが山ほどある。
スキルやオリジナリティを発揮する以前の問題。
協調性だとか、仕事をするリズムだとか。
まず、学生の意識から社会人の意識に変換するってだけでも
数年はかかると思う。

そこからじゃないのかな。
自分の本当にやりたいことってなんだろう?とか
どういう風に社会と関わっていきたいのかを
考えられるようになるのは。

というよりも、準備が整い、相応の器に成長した時、
やるべきことは自ずと現れてくるものだ。
そして、使命なんてものは、
そんなに大それたことではないと思う。

どんな仕事をしていても、またはしていなくても、
今いる場所を充実したものにできるかどうかなんじゃないだろうか。

一隅を照らす生き方。

その他大勢ではなく、
目の前にいる家族や仲間を大事にすること。
その人たちを幸せに導いてゆける、
そんな大人になりたいと私は思う。

それに、本当の本当に使命と言われる
いわゆる『神ごと』を行う人々は、
好むと好まざるに関わらず
その道に強引に連れていかれる。

そして私たち一般人の知らない苦行を強いられている。

自由意志の下、普通に生きて、普通に暮らせる幸せに
感謝するのも私たちの使命のひとつだと思う。
スポンサーサイト

| いろんな視点 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

未来のカケラ

soraniji.png

本棚の整理をしていたら、見慣れない本が2冊出てきた。
パラパラとページをめくってみて、とても驚いてしまった。
現在、私が仕事にしていることや興味を持って勉強していることなど、
『今の私』がすべて詰まってる本だったから。

ここ数年間で新しく知り得たとばかり思っていた事柄だったのに、
もっとはるか以前、なんと20年近くも前に私はすでに出会っていた。

なんだか、鳥肌たっちゃったよ。

その2冊の本は、ちゃんと読んだのかさえ分からない。
内容をまったく覚えていない。
当時の私って、全然違うことをしてたはずじゃん?
こんな分野に興味あったっけ?
そもそも、本なんて読んでたか?

謎は深まる。

そう言えば『時間は未来から流れている』と、本で読んだことがある。
今、体験していることはすべて未来の自分から発信されているものだと。

例えば、滅多にこういうことはないのだけれど、
急に食欲が旺盛になって一気に3kgほど太ったことがある。
そのあと、しばらくして私を待っていたのは歯の治療。
親知らずが変な生え方をしてて抜歯した。
薬が合わなかったりして治療が長引き、
食事をまともに摂ることができない時期が続き、
そのあと痩せた。きっちり3kg。
おかげで、体調を崩すことなく乗り越えられた。
『体ってスゴいなぁ』と、心底関心したのを覚えている。

ひそかにキャッチしてるのだろうか。
未来からの波動を。

確かに。
この本は20年後の私を暗示していた。
その頃の私には、到底理解できるはずもない内容なのに。
無意識に選んでた未来のカケラ。
20年の年月を経て、再び私の前に現れた。
本の内容を生きている私の前に。

頭では分からないことが、この世の中にはあふれている。
意味や論理を超えたところで、起動しているシステムがある。
ロジックにハマりすぎるとなかなか繋がらないね。

体にまかせて生きていけるといいな。
頭でひねり出したことは案外つまらないものだったりする。

それはがんばるとか、コントロールとかしてない時に
ふっとつながったりするものだ。

何気なく見上げた今日の虹のように。

| いろんな視点 | 11:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私とゴキブリのただならぬ関係。

ゴキブリは図々しい。
虫のくせに存在感がありすぎる。
品も無いし。

それに比べてクモはどちらかというと謙虚な生きものだ。
こちらの気持ちを汲み取ってくれる。
いや冗談ではなく。
『おいおい。共存していくんだったら起きてる間は
私のテリトリーには入ってきちゃダメよ。』とテレパシーを送ると
『おっと、こりゃ失礼…』とでも言うように、
いつの間にかひっそりといなくなっている。
案外、物わかりの良いヤツだ。

なんて、100%主観ですが(笑)

しかし、最近あることを聞いてゴキブリに対する見解が変わった。

友人のシャーマンに私のエネルギーをリーディングしてもらったところ、
今後の課題として『博愛』『偏見解除』というテーマがあるが、
定期的に訪れる黒の遮断によってなかなかそのエネルギーが
入ってこれないでいるとのこと。

けれど『黒の遮断』は今の私には必要な学びだと思う。
博愛と偏見解除というテーマは、相当な器を要しないと難しい。
判断力や洞察力、直観力といったものを健全に育てていかなければ
単なる薄っぺらで、弱い善人になってしまう。
ゆっくりと着実に陰陽のバランスを保ちながら
器を作っていくことが何より大事なことだと思うから。

で、ゴキブリですが。
『黒の遮断』によって生じる膿があると。
それが茶色なのだとか。

それを聞いてからふと思った。
ゴキブリはその膿が現実化したものではないのだろうか…と。
茶色だし?
なぜなら、膿めいた日には必ずといっていいほど遭遇する。

そうか。黒の遮断が必要なものだとしたら、
それに対する私の受け取り方を変えていけばいいのだな。
膿が出るってことは、出来事に対して意識が落ちてるってことだろうし。

なるほど。
ゴキブリは私の意識の低さを計るバロメーターなのかもしれない。

な~んて。
コレも100%私の主観でありますので悪しからず。

でも、そんな風に思ったら自分の意識のあり方に
厳しくチェックを入れられるようになったしな。
結果オーライ!

絶対にお会いしたくない方達ですので。
私、精進致します。

| いろんな視点 | 11:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

名前の不思議。

名前にはそれぞれ『しるし』がある。
親が付けたものではあるけれど、
人生の傾向というか、肌ざわりというか
そういうしるしみたいなものが含まれている。

例えば私。
笑ってしまうくらい、
あきれるくらい、
何もかもが一歩ずつなのだ。

スムーズにコトが進んだ試しがない。

失敗や挫折を何度も経験しながら
何とかここまでやって来た。

若い頃はホントに何も知らないおバカさんで、
我ばっか強くて、人と衝突することもよくあったし
なんだかいつもイライラしてたっけ。

あの我が優勢のガガ時代の失敗を踏まえて、
ちったぁ注意深く慎重になったかな。

おかげで今は、日々求道的思考で生きてます(笑)

こんな不器用な私の人生って何!?と思っていたら、
どうやら名前に秘密があったようでして。

両性具有的エネルギーだし、
とにもかくにも体験を通じて理解することが
最大のテーマみたいだし。
要は習うより慣れろ的な?
それに性別が曖昧なエネルギーは
どちらかに偏りすぎる傾向があり、
また、どちらかに偏ると必ずうまくいかない。
このバランス感覚が殊の外難しく、
それでよく失敗した。

それに比べて
友達のみゆきちゃんは女神のエネルギー。
美に関心を持ちやすい。
だからなのか、
おしゃれだし、そういう仕事もしてたし、
満を持してこれから新たに
美に関する何かを始めるんだって。
超楽しみ!

ま、親だってそんな意図で付けたわけじゃないと思う。
きっと、そうさせられるんだろうな。
見えない存在に。

昔読んだ本に
『名前とは人生最初にかけられる呪い』
なんて風にも書いてあった。

さて、みなさん。
自分の名前好きですか?

※ちなみにコレ、
画数ではありませんので
悪しからず!

| いろんな視点 | 12:47 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人生は冒険だ!

ある場所に辿り着かなければ見えてこない景色がある。
いくら頭の中であれこれ画策したり、
シミュレーションを繰り返しても、
実際にやってみないと分からないことっていっぱいある。
何かに興味を持ったり、
誰かを好きになったり、
心の琴線にふれるものに出会うことが、
『ある場所』への入口だったりする。

けれど、大人になるといつのまにか棲み着いてしまう
『小さな予言者』が、あーだこーだと
大抵『やめろ』的メッセージを送ってくる。

でもな~。
そこを通らないといつまでも同じところを
ぐるぐる回ることになったりするんだよな~。

そんな時、8歳の甥っ子に言われた。

『ものは試し』

いいこと言う!
毎日、日が暮れるまで遊びほうけているこの男子。
今時あんまり見ない腕白坊主だ。
それは『昭和か!』とつっこみ入れたくなるくらい。

でも、いつも笑ってしまう。
その『好奇心』だけで生きてます的モードに。
ヤツにとって、先が読めないのは当たり前。
まるで偉大な冒険家だ。
はは~ん。
そうやって私も世の中を見ればいいんだ。
何でも『ものは試し』。
だって、私は偉大な冒険家なのだから!
なんつって!

kose.png

| いろんな視点 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。